興信所に浮気調査を依頼

MENU

興信所の浮気調査

探偵事務所などへの浮気調査は、女性からの依頼が多いですが、男性からの調査も少なくありません。そして、調査費用はどれくらいなのかといった値段の部分に関する問い合わせは非常に多くなります。

 

浮気問題では、やはり何といっても弁護士への依頼が多くなりやすいですが、弁護士費用はご存知のとおり、かなり高額である場合がほとんどです。ただ、順番で言えば、やはり弁護士よりは探偵への依頼のほうが先になるということもあって、弁護士にかかってしまう費用を踏まえつつ、探偵事務所へ依頼した場合の費用はどうかといった、値段的な不安がどうしても先に立ってしまうことが多いです。

 

もちろん、料金体系は探偵事務所ごとに異なるといえます。ですから、探偵事務所への依頼を考えているというケースでは、まずはその値段的な部分を直接問い合わせていただくという考え方が一番適切であるといえるでしょう。よく、探偵事務所の費用に関する情報がインターネット上でも見られますが、そういった情報は、場合によってはまるっきり適当な数字である場合もありますので、やはり直接探偵事務所に問い合わせるほうが、値段的な部分については安心であるといえます。

 

探偵事務所によって料金体系が異なるのは当然ですが、ただ、だいたいどんな感じでその費用が決定されるのかといった方向性については、どの探偵事務所についてもかなり似通ったところがあります。何しろ、浮気調査であれば、だいたいどこも似たようなことをするわけですから、これも当然と言えば当然です。

 

時給換算で費用を計算して値段をつける探偵事務所が多いようです。ですから、探偵事務所の料金の場合、

 

(時給)×(調査に要した時間)×(調査に要した調査員の人数)×(調査に要した日数)+必要経費(交通費などのトータル)

 

といった形で導き出され、これを基に値段づけされることになります。ただ、探偵業というのは、ご存知のとおりかなり危険を伴う業務ですから、時給はそれなりの値段(だいたい1万円前後か)ということになります。

 

ということで、ここでは便宜的に、時給を税込1万円、調査時間3時間、調査員2人、日数2日、交通費5000円で計算してみますと、この場合の浮気調査費用は、10000円×3時間×2人×2日+5000円=12万5000円という費用になります。

 

この金額を高いととらえるかそれほど高くないととらえるかは、やはりその人の裁量ということになりますので、この部分で探偵事務所をいろいろ比較してみる考え方はアリでしょう。

 

SNSにおける浮気

不倫や浮気というのは、私たちが暮らす日本においては、一般的には受け入れがたい概念であるといえますが、しかし近年、海外での不倫、浮気ブームが日本にも入ってきつつあります。

 

まあ厳密に言えば、不倫や浮気がブームなのではなく、不倫、浮気の専門的なsnsサイトである「アシュレイ・マディソン」が、日本でも非常に強い関心を呼ぶようになってきているのです。

 

確かに、浮気、不倫専門snsのアシュレイ・マディソンのウワサはずいぶん前から聞こえては来ましたが、では、なぜ日本でそれほど多くの人がこのアシュレイ・マディソンに興味・関心を持っているということがわかるのかというと、実は、このアシュレイ・マディソンに登録している日本人の数が現在すでに100万人を突破しているから、というのがその理由です。

 

確かに、成人かつ既婚の男女だけが登録・利用することができる浮気、不倫専門snsだけに、100万人という数を考えると、これはけっこうな数ということになり、少なくともその興味、関心を示すには十分な人数であるということは間違いなく言えるでしょう。

 

ただ、これはあくまでも「登録者数」ということであって、そのすべてが浮気、不倫snsのアシュレイ・マディソンを利用しているというわけでもなければ、もちろんそのすべてが浮気、不倫をしているというわけでもありませんので、登録者数だけを見て大きな反応を示す必要もないのかな、という気は確かにします。

 

とはいえ、興味、関心がなければだれも浮気や不倫はしないだろうという推測も成り立つことになり、そうなると、少なくともこのアシュレイ・マディソンをきっかけにして、浮気や不倫をすることになってしまった・・・という事例は少なからずあるのではないかという気がしないでもありません。

 

そうなってしまうと、夫の浮気や妻の浮気に不安を感じるご夫婦も増えてきてしまうことでしょう。事実、このところ全国の探偵事務所や興信所などでは、いわゆる「浮気調査」に関する依頼が非常に多くなっているという現実があるのです。

 

多くの探偵事務所や興信所では、浮気調査はもちろん有料になりますが、しかしその事前の相談に関しては、無料で実施しているところが多いですから、もし旦那さんや奥さんの浮気が心配だという場合には、一度無料相談を受けてみても悪くないのではないかという気がします。

 

snsという簡単、手軽なツールだけに、なおさら浮気や不倫が簡単できてしまう時代になったので、無料相談は有効利用したいところです。

 

フェイスブックを利用した浮気

近年では、各種snsを利用する人が急増しているという印象もありますが、しかしこのsns、もちろん主な用途はさまざまな情報提供とその共有ということになるわけですが、snsの中でも少々変わった機能のがあるのが、「フェイスブック」です。というのも、フェイスブックの場合、何らかのコメントをはじめとする発信情報に対して、その情報の受け取り手が「いいね!」という評価をつけることができるというところが、他のsnsとは少々異なるところです。

 

そうしたオリジナリティもこのフェイスブックの大いなる人気の秘密であることは間違いありませんが、実はこのフェイスブック、意外な用途としても「使えるツール」であると、このところちょっとした評判になっているのです。その用途とは、「フェイスブックで浮気相手を知ることができる」という用途なのです。

 

たとえば、旦那さんがフェイスブックを利用している場合、その旦那さんの様子がどうもおかしい・・・ちょっと観察してみると、いつでもケータイやパソコンでフェイスブックの画面を開いてニヤニヤしながら何かやりとりをしている・・・そんな場面が思い浮かびます。

 

もちろん、旦那さんがフェイスブックを見てニヤニヤしているところに来て、奥様が、「あなた!浮気してるでしょ!」といきなりやっても、これはさすがに乱暴すぎると言わざるを得ません。

 

ただ、フェイスブックの場合、直接「あなた!」とやらなくても、スンナリと、そしてもっとスマートに情報を探ることができるのです。これは「接近する」のではなく、「内部に入り込む」というニュアンスに近いため、浮気のチェックともなると、実は外部から接近する以上に、旦那さんからすればとても恐ろしいことになるわけです。もちろん、もしほんとうに旦那さんが浮気をしているなら、という前提にはなりますが。

 

では、snsのひとつであるフェイスブックを利用して、旦那さんの浮気をどのようにチェックするのかというと、その方法は実に簡単、奥様もフェイスブックのアカウントを取得して、旦那さんのアカウントにアクセスして、アカの他人のフリをしてお友だちになってしまう、という方法がかなり有効です。

 

たとえば奥様が「見知らぬ女性」に扮して、浮気を持ちかけてみたときの旦那さんの反応を見る方法も有効です。基本的には警戒している旦那さんは、当然浮気の誘いを断ることになります。が、「お友だち」という関係性を利用して、「でも、ホントは奥さんにナイショで他の女の人と遊んでるんじゃないの?」などと問いかけてみると、意外とアッサリしっぽを見せてしまうこともあるのです。

 

浮気メールを発見

実際のところ、凶悪犯が連続殺人事件を起こすようなことなどめったにあるものではなく、また、万一そんな凶悪犯罪が起こってしまったとしても、犯人は比較的すぐに見つかってしまいます。そうした状況で、たとえば金田一耕助や明智小五郎のような名探偵の出番など、正直それほどたくさんはないだろうという想像は、比較的容易につくはずです。

 

もちろん探偵だってそういう事件を待っているばかりでは、とてもではないけれど、食っていくのにも大いに困ってしまいますので、探偵の仕事の現場というのは、何も凶悪犯罪ばかりではないということになってきます。それどころか、ふつうは凶悪犯罪に携わることなどないとさえ言えます。

 

では、探偵さんたちはふだんどんな仕事をしているのかということになるわけですが、簡単に言ってしまえば、「どこにも相談できないような相談」を対象とした仕事をしているということになります。たとえば、浮気調査などはその典型であるといえますので、探偵さんにとってそういった種類の仕事は得意中の得意ということになるでしょう。

 

浮気調査を行う上では、基本的には「見込み調査」が原則ということになるわけですから、当然調査の手がかりとなる材料が非常に重要なポイントになります。パートナーがどこで浮気しているのか、あるいはだれと浮気しているのか、いつするのかといったことがまったくわからなければ、いくら探偵とは言え、浮気調査などすることはできません。

 

そこで、依頼者は何か手がかりが必要になってくるわけですが、その際に最も有力な手がかりとなるのが、パートナーのメールです。まあこれははっきり言ってしまえば、パートナーの携帯電話なりパソコンなりを盗み見することになるわけですから、いくらパートナーの浮気のことが気になるとは言え、正直あまり気持ちのよいものではないでしょう。

 

ただ、浮気をする以上は、できるだけその浮気がバレないようにするということが前提になってくるわけですから、依頼人が何らかのヒントを探し出さなければ、そう簡単に手がかりがつかめるものではないのです。

 

また、探偵への浮気調査の依頼は、日数や時間がかかればそれだけ費用もかかることになりますので、できるだけ早く浮気調査の決着がつくためにも、メールをはじめとした手がかりは、積極的に提出していただきたいと思います。

 

もしパートナーのメールを見ることができたら、それを探偵事務所に転送できれば一番効率が良いことになりますが、メモをしたり内容をしっかりと覚えておいたりといったことでも、それが手がかりになる以上有効であるといえます。