西東京市で浮気相談をする時は興信所で無料で行えますので解決への第一歩を!

MENU

西東京市で浮気相談をする時は興信所で無料で行えますので解決への第一歩を!

不倫の調査を探偵事務所にフリー相談でお願いして、調査した趣旨を伝えて見積り額を算出してもらいます。

 

調査方法、調査した中身、かかった費用に納得していただいたら、契約を実際に履行させていただきます。

 

実際に合意を交わしましたら調査を開始します。

 

浮気調査する場合、通例2人1組ですることがほとんどです。

 

けれども、ご希望を報いて探偵の人数を増やしたりさせていただくことはできます。

 

当事務所での調査では、調査している中で報告が入ってまいります。

 

それにより調査の進行具合を常に知ることが不可能ではないので、安心できますね。

 

探偵事務所の不倫の調査の決まりは規定の日数が定めているので、規定日数分でのリサーチが終えたら、全内容とすべての結果内容を一つにした調査した結果の報告書をお渡しいたします。

 

リサーチした結果報告書には、細かい調査内容において記されており、浮気の調査中に撮影された写真等も添付されています。

 

浮気調査の後、依頼者様で裁判を申し立てるケースには、これら不倫調査結果報告書の調査した内容、画像等は肝要な証拠となるでしょう。

 

このような調査を我が事務所へ求めるのは、この肝心な不倫現場証拠を掴むことにあります。

 

もしも、調査した結果報告書の中身でご満足のいただけない場合には、調査続行のお願いすることもできます。

 

ご依頼された調査の結果報告書に理解してご契約が終わったその時、それで今回ご依頼された浮気のリサーチはすべて終わりとなり、重大な浮気調査に関する記録も当探偵事務所が処分します。

 

 

西東京市で浮気調査の後は興信所が証拠を裁判所に提出可能です

浮気を調査するといえば、探偵事務所をイメージされます。

 

「探偵」とは、相談者の浮気の調査依頼を受けて、周辺の聞き込み、追跡、見張りのいろいろな方法を使って、目標の居所、行動パターンの正しい情報を寄せ集めることが主な仕事としています。

 

探偵事務所の調査は多種多様であり、そのほとんどは不倫の調査であります。

 

やはり浮気の調査は特に多いのですよ。

 

機密性が高いとされる探偵は、浮気調査にはピッタリ!といえます。

 

当探偵に不倫調査依頼をしたら、プロの情報やノウハウを使って、クライアントが必要とされる確かな情報や証拠を積み重ねて教えます。

 

浮気調査等の仕事は、昔まで興信所に申し出るのが普通だったが、以前と違いまして結婚相手の身元や会社の雇用調査等が興信所にはほとんどですので、一般的な探偵業のような人知れず動くのではなく、対象の相手に対して依頼を受けて興信所から派遣された調査員ですと伝えます。

 

また、興信所のエージェントはそれほど細かく調査しません。

 

ごく親しい友人へ聞き込みするだけということもしばしばあるようです。

 

昨今の浮気の調査では、ターゲットに気づかれないように、動向を調査してもらいたい依頼が多いので、興信所よりも探偵の方がメリットはかなりいますね。

 

探偵業対する法は特に制定されていませんでしたが、不適切な営業活動が多く発生したことから2007年6月に探偵業の業務の適正化に関する法律が制定されました。

 

ですので、公安委員会に届出をしなければ探偵としての仕事が不可能です。

 

これにより信用できる探偵業がされていますので、信用して浮気調査を依頼可能なのです。

 

何かあった時はまず探偵事務所に話をすることをすすめたいと思うんです。

 

西東京市で興信所に浮気調査で要請した時の代金はどの程度?

浮気調査におすすめなのは探偵へ向けた依頼ですが、手に入れるには証拠などを施術に納得がいかなかった場合に、有能な分、代金が高騰する傾向があります。

 

とうぜん、依頼をお願いする探偵事務所などにより費用は異なりますので、多数の探偵事務所があるならその事務所ごとにより費用は異なるでしょう。

 

浮気リサーチのケースは、行動調査という調査する人1人当たりに料金が課せられるのです。探偵の人数が増えるとそのぶん調査料金がどんどん高くなってしまいます。

 

行動の調査には尾行だけと浮気しているかの結果のみの簡易的な調査と、事前調査、特別な機材、証拠動画、報告書で報告する「基本調査」があります。

 

行動を調査するのに手数料は、60分を一つの単位と決めています。

 

契約した時間を過ぎて調査を続行する場合は、延長代金が別途かかってなるでしょう。

 

調査する人1名に分あたり1時間毎の費用がかかってきます。

 

尚、自動車を使用しなければならない場合は費用が必要なのです。

 

日数×1台毎の料金で決めています。

 

乗り物種別によって必要な費用は変わるのです。

 

調査に必要な交通費や車にかかる費用等調査にかかる諸経費等も必要です。

 

ほかに、その時の現場状況によって変わりますが、特別な機材などを使ったりする場合もあり、さらに別途、費用がかかる場合もあります。

 

特別な機材の中には、赤外線暗視ビデオカメラや偽装ビデオカメラ、仕掛け用カメラ、集音機、カメラと連動したモニター色々な機材がございます。

 

当探偵事務所では様々な特殊機材を用いて非常に高い技術でどんな問題も解決に導いていくことができます。